いざ増毛体験を決意したものの、サロンヘ向かう当日までに、何かやっておくことはないでしょうか。
気持ちの整理を行い質問の準備を行うなど、できることは多いはずです。
ここでは、増毛サロンへ向かう前にやっておきたいことをお伝えします。
より効果的に増毛の施術を受けられるように、前もって準備を行っておきましょう。

増毛とは何か、インターネットを使って予習しておく

そもそも増毛とは何なのか、育毛と何が違うのかということです。
育毛と増毛は全く違うもので、増毛とは人工毛髪を自分の毛髪に結いつけて、髪の毛を直接増やすことです。
増毛サロンによって、結いつける毛髪の本数や太さ、必要な費用や期間も異なってきますし、施術方法も異なってきます。
また今回なぜ増毛が必要になったのか、自分の薄毛の原因は何だったのか、これらを前もって勉強しておくことで、カウンセラーに質問もしやすくなります。
スマートフォンやパソコンの検索サイトで増毛をキーワードに調べてみると、インターネット上に数えきれないくらいのサイトが存在します。
有名な増毛サロンの体験談や口コミ、増毛の仕組みや育毛についても調べることができるでしょう。
カウンセラーとのカウンセリングの中で、難しい言葉が出てくるかもしれませんが、インターネットで前もって知識を身につけておけば、話の理解もスムーズに進むはずです。
せっかくの増毛体験を無駄にしないように、しっかりと勉強していきましょう。

自分の増毛に対する希望を明らかにする

増毛をした結果、どのようになるのか、増毛後の自分をイメージしてみましょう。
生え際や分け目など、自分が気になっている部分をどの程度まで増毛したいのか、満足した結果が得られるまでどれくらいの期間や費用がかかるのだろうかなど、具体的な内容です。
増毛サロンのカウンセリングでは、どの程度まで増毛したいのか、費用や期間はどのくらいまでかけることができるのかなど、質問があります。
この質問に具体的に答えることができれば、カウンセラーはあなたにぴったりと合った増毛プランを提案してくれるはずです。
曖昧なままでは、増毛サロンの言われるがままになってしまい、思わぬ費用がかかってしまうかもしれません。
増毛のイメージをある程度明確にすることで、増毛体験をより効率よく利用しましょう。

増毛体験後の有料プランの勧誘に対しての心構え

無料増毛体験1回では、なかなか自分のイメージまで増毛ができないと思います。
施術後のカウンセリングでは、あなたの希望に沿った今後の増毛プランを勧誘してくることでしょう。
そもそも、勧誘をしないサロンのほうが珍しいのではないでしょうか。
強引な勧誘ではないとしても、勧誘されることを前提に心構えをしておけば、冷静に対応できるはずです。
その後有料の増毛プランを使ってでも、自分の増毛後のイメージに近づけたいのであれば、カウンセラーのアドバイスを冷静に聞いて、断るのか、契約をするのかを考えましょう。
またその場で即決することができない場合は、持ち帰って検討する旨を伝えれば、増毛サロンもそれ以上の勧誘を行いません。
増毛体験のみで済ませたい場合の断り文句として、いったん持ち帰る旨を伝えることもよいでしょう。
増毛サロンは、口コミが非常に重要と考えています。
強引な勧誘で一人のお客様と契約をするよりも、クリーンなイメージで多数のお客様に良い印象を持ってもらった方が良いと判断します。
そこまで、勧誘に対して警戒をしなくても良いとは思いますが、心構えをするだけでも随分と違ってきます。
増毛体験後のカウンセリングでは、カウンセラーの言葉に流されてしまわないように、気をつけましょう。

増毛サロンへ向かう際の準備について

まず、増毛とは何なのかをインターネットを使って予習していくことが重要です。
前知識を持っているのといないのとでは、カウンセリングの際の理解度が異なってきます。
カウンセリングで自分のイメージをしっかりと伝えることができれば、カウンセラーもぴったりと合った増毛プランを提示することができます。
増毛プランについては、期間と費用がかかるのかも明確にするため、わからないことがあれば、その場で質問を行うようにしましょう。
施術後には有料プランの勧誘も行われますが、自分の増毛のイメージがしっかりしていれば、カウンセラーに流されることもなく、不要なプランは断ることができます。
また今回は増毛体験のみで済ませたい場合も、一旦持ち帰って検討する旨を伝えれば大丈夫です。
サロン側もクリーンなイメージで商売をしたいため、これ以上強引な勧誘は行わないはずです。
意を決して増毛体験に向かうのですから、しっかりと下準備をして、施術当日を迎えたいですね。