増毛をしようと思っても、どのようなタイミングで増毛すればいいのか分からなくなることありますよね。
湿気の多い梅雨の時期は避けた方がいいのか、年齢は何歳が適しているのか、などと考えると増毛に踏み出しにくくなってしまいます。
それでは増毛に適した時期やタイミングというのはあるのでしょうか。

年齢との関係

増毛をするとき、何歳から始めればいいのか悩みます。
増毛を始める年齢について、20代や30代では早すぎる、40代前後からが妥当だろうというようなイメージする方が多くを占めます。
しかし実際には何歳から始めればいいといった基準となる年齢はなく、幅広い年齢で男性、女性問わず悩みを抱えた多くの方が施術を受けています。

10代で増毛の施術を受ける方は多くありませんが、早ければ20代から悩みを抱えている方がいます。
むしろ30代や40代よりも20代の方が、自身の毛髪に対するコンプレックスが大きい傾向があります。
そのため年齢は関係なく、自身の毛髪について少しでも不安や悩みを感じたら、すぐに増毛を検討してもよいでしょう。

また医学的にも年齢と増毛施術との間には関連性はありません。
例えばホルモンのバランスや毛髪のハリやコシなどは年齢と関係がありますが、増毛の施術や方法との関連性はないといえるでしょう。

季節との関係

増毛と適した季節の関係性というのは、一概にこの季節が一番良いといえるようなものがありません。
なぜなら増毛が季節に適しているか否かは、増毛の方法によるからです。

例えば増毛の方法にかつらを選ぶとしましょう。
その場合は湿気の多い梅雨の時期や、暑い夏場には適していないと言えます。
この時期はかつらによって蒸れてしまうことでとても不快な思いをしてしまう事や、汗でかつらがずれてしまうといった不安要素が多くあります。

ですがかつらではなく別の増毛方法であれば、蒸れや不快感を防ぐことが可能です。
蒸れを防ぐ増毛方法は多岐にわたりますが、1つ例を挙げるのであればスヴェンソン式増毛方法というものがあります。
スヴェンソン式増毛方法は別名、編み込み式増毛法とも呼ばれ、この方法なら梅雨や夏場でも快適に過ごせます。

以上のように選択する増毛方法によって、特定の季節が適しているかはともかく、適していないかどうかは判断できます。
この季節に増毛をした方がよいといった正確な指標はありませんがあくまで参考にする程度なら、増毛方法と季節を関連付けて考えてもよいでしょう。

増毛には春がおすすめ?

増毛に適した季節などないといった矢先に、これはいったいどういう事なのでしょうか。
それは春という季節が一般的に、環境の変化を意味すると考えられるからです。
実際には春という季節そのものよりも、周囲の環境の変化というのがポイントになります。

増毛をいざしようと思っても、やはり周りの目線が気になってしまいます。
周囲の人にとって突然の増毛はかなりのインパクトになるからです。
そういった中で春という出会いと別れの季節に、今までの自分を知っている人がいない状況での増毛が可能になるのです。

自己の毛髪で悩んでいる人の多くは、周りからの目線が大きな原因となっています。
周りの目線を気にして増毛をしたのは良いけど、今まで以上に周囲から好奇の目線さらされてしまうのは不本意でしょう。
環境の変化に合わせて増毛をすると、他人の目線から必要以上にさらされるという不安やストレスを回避できます。

増毛について調べてはみたけど最後の一歩を踏み出せない。
そんな方にはこのような大きな環境の変化を利用して、新しい自分になることがおすすめです。

増毛のおすすめのタイミングは?

季節、年齢においては絶対にここで増毛をすべきというような指標はありませんでした。
しかしだからといって増毛を先延ばしにしてはいけません。
増毛のタイミングに関しては、絶対に早い方が良いといえます。

適した年齢や季節がないなら増毛はいつでも良いと考えたのであれば、それは大きな間違いです。
そもそも増毛を検討されている方は、多くが薄毛に悩まされています。
中には薄毛はある一定の時期で止まるだろうと楽観視する方がいますが、薄毛の多くは治療をしない限り進行し続けます
特に男性に多く見られるAGA、男性型脱毛症が最たる例で、自然治癒はありません。

もし増毛を先送りにし薄毛が進行してしまえば、できていたはずの増毛施術ができなくなってしまうという事もあり得ます。
梅雨の時期にかつらをかぶるのは嫌だから編み込み式にしようと思って専門家を訪ねても、編み込むための自毛が無ければ別の手段を考えなくてはなりません。

増毛の施術は決して安くはありません。
自分が納得できる増毛方法を選びたいですよね。
そこで早めに専門家を訪ねることで、自分の症状を早期に判断してもらうことができます。
場所によっては増毛と育毛や治療を並行して行うこともできます。
毛髪に何か異変を感じ、増毛という選択肢があるのならできるだけ早いタイミングですることが大切です。