髪の毛の状態に気を使い始めると、まず気になるのが食べ物と増毛の関係性です。
例えばワカメが毛髪にいいという話があります。
本当かどうか分からない、信憑性に欠ける話ではありますが、一度は聞いたことがあるかもしれません。
では実際に、食べ物が増毛に影響を及ぼすことはあるのでしょうか。

髪の毛を作る食べ物

そもそも髪の毛はどのような成分からできているのでしょうか。
簡単に言うと髪の毛はタンパク質からできています。
タンパク質から再合成されたケラチンたんぱく質などの栄養素などが、毛母細胞を刺激することで毛髪が成長するのです。
つまり髪の毛を作るにはタンパク質が必要不可欠と言えます。
しかしタンパク質における質という概念を気にすることが重要です。
様々な食べ物の中でも、大豆は質の良いタンパク質を摂取できます
大豆は含まれるタンパク質の質もさることながら、大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに類似した効果を発揮します。
このイソフラボンはホルモンバランスの均衡を保ち、抜け毛を促進させる男性ホルモンの過剰分泌を防ぐことができます。
かといってタンパク質ばかりを摂取することは良いことではありません。
タンパク質を摂取する主な食材としては牛肉などが挙げられます。
しかし多く摂りすぎると脂質も多く摂取してしまうため皮脂の分泌が増え、反対に毛穴を詰まらせてしまいます。
まれに効果があると思い込んだ食べ物を過剰に食べてしまう方がいますが、逆効果なので絶対にやめましょう。

タンパク質を補助するミネラル

タンパク質を摂るというだけではまだ足りません。
タンパク質の吸収を補助する成分や食品を摂取する必要があります。
たとえばカリウムやナトリウム、塩分や銅、亜鉛といった物質であるミネラルはそういった成分を持っています。
ミネラルの中でも育毛ミネラルと称される亜鉛は、タンパク質の再合成を補助します。
タンパク質から再合成された栄養素が毛髪の成長を促すため、亜鉛もまた増毛に一役買う食品といえるでしょう。
また亜鉛は薄毛を抑える働きもあります。
ミネラル、ひいては亜鉛を体に摂取するのに適した食材には、煮干しや豚のレバー、海のミルクといわれる牡蠣や牛肉などが挙げられます。
特に牡蠣は亜鉛以外にもアミノ酸なども豊富で、様々な栄養素の塊とも言えるためおすすめです。
他にはイワシなどの青魚や緑茶にも含まれています。
まずは身近なものから食べ始めていきましょう。

さらに増毛をサポートする食べ物

ミネラルのみでなく、ビタミン群もタンパク質の補助や増毛に関係します。
ビオチンという成分は、頭皮の血行を大きく促します。
他には頭皮の健康を保つビタミンAや、細胞の成長を促進させるビタミンB2。
亜鉛をサポートし、タンパク質の吸収を助ける働きを持つビタミンB6。
血管を保護し血行を促進させることで、毛髪へ栄養素を送りやすくするビタミンEなど、ビタミン群は増毛に大きな関わりを持ちます。
ビタミンは主にほうれん草、ブロッコリーやニンジン、カボチャといった緑黄色野菜で補うことができます。
またレバーや大豆からも摂取ができます。
しかしビタミン群の中には熱に弱く、加熱して食べると十分に吸収できないものもあるので、その点には注意が必要です。
ビタミン群以外にも増毛をサポート成分があります。
オメガ3脂肪酸です。
ビタミンEのように血流を改善したり、毛髪への栄養をスムーズに運ぶオメガ3脂肪酸はシソ油や大豆等に含まれます。
オメガ3脂肪酸はサバやイワシやアジ、サンマなどの青魚などでもまた摂ることが可能です。
推奨される食べ物が多すぎると思った方もいらっしゃるかもしれません。
しかしよく見ると同じ食べ物が、複数の栄養素を有しているケースが多々あります。
また苦手な食べ物があっても、同じ成分を持つほかの食べ物を摂取してみましょう。

食べ物と増毛

普段何気なく口にしているものの多くが、増毛に何らかの形で関連性があることがわかりました。
では結論として、食べ物による増毛は可能であるといってもいいのでしょうか。
答えは、はっきり言って微妙です。
しかしここまで見てきたように、関連性を完全に否定はできません。
なぜ微妙なのかというとまず、直接的な関係性が薄いからです。
どれもタンパク質のみを摂ればいい、ミネラルだけ摂取すればいいという事ではなく互いに相互作用しあっているのです。
その栄養同士の相互作用の結果、毛髪に栄養が送られるだけなのです。
栄養が送られた後の効果の出方には個人差がありますし、冒頭で説明したように偏った食事ではむしろ逆効果になります。
また食事のバランスが完璧であったとしても、生活のリズムや精神的な側面での影響が皆無であるとは言いにくいのが現実です。
確かに食事は体を作り、毛髪への影響もゼロではありません。
しかしながら食事はあくまでも補助的な作用しかなく、決定打にはなり得ないという事に注意してください。
たとえ不摂生な食生活でも毛髪がふさふさだったり、反対に食生活に気を使っていても毛髪に悩む人はいます。
だからと言って何もしないのではなく、身近なことから改善していく。
そういった意味で増毛に関わりのある食生活を心掛けることは消して無駄ではないでしょう。