これまでプロペシア(有効成分はフィナステリド)とそのジェネリック薬品だけが、国内で承認されたAGA(男性型脱毛症)の内服薬でした。個人輸入代行業者から購入してミノタブ(ミノキシジルの錠剤)を使用する人もいます。また、一部のAGA治療専門クリニックでも処方されます。しかし、トラブルがあっても自己責任扱いになる例外的なものです。

そこに新しく承認され、2016年6月から販売が始まったのがザガーロです。有効成分はデュタステリドで、フィナステリドと同じような効果の発揮の仕方をします。「ザガーロのほうがよく効く」との声もあるものの、その一方で副作用はフィナステリドよりも強いようです。

ザガーロとは

ザガーロは開発の過程もプロペシアとよく似ています。どちらのその有効成分はもともと前立腺肥大の治療のために研究されていました。それが臨床実験などで実際に投与した人の中から、「ハゲ・薄毛が治った」という例が出て、改めてAGA治療薬として見直されることになりました。

ザガーロが日本国内でAGA治療薬として厚生労働省から承認されたのは、2015年9月です。これはプロペシアに遅れること10年でした。

ザガーロ効果

ザガーロがどう働きかけるかを知れば、プロペシア以上の効果があることも納得がいくでしょう。

AGAはなぜ起こる

まずは、AGAがどのようなものかおさらいしておきましょう。

男性ホルモンの一種にテストステロンがあります。筋肉や骨格をしっかりとしたものにし、ペニスなどの男性性器を作り、性欲も高めます。「男性らしさを作り出すホルモン」といっていいでしょう。といっても、量は少ないものの女性も分泌しています。

このテストステロンが酵素により変化したものがジヒドロテストステロン(DHT)です。働きは同じなものの、テストステロンよりもやや強力です。このDHTが毛乳頭の中にあるアンドロゲン受容体と結びつくのが最後の段階です。

この状態になると、どんどん伸びているはずの成長期にある髪の毛が成長を止め、抜けてしまいます。正常なら2-6年あるはずの成長期が1年未満で終わってしまうのです。

ADAになる人とならない人がいるわけ

テストステロンを分泌する量には個人差があります。また、そこからDHTに変化する量は体質だけではなく、そのときのコンディションも左右します。生活習慣が乱れていたり、ストレスをため込んでいると量が増えます。

さらには、アンドロゲン受容体の反応がいい・悪いにも個人差があり、これは主に遺伝で決まっています。「ADAのなりやすさは生まれつき決まっている」といったことがいわれるのは、特にこの部分だけが注目された場合です。

正確には、「生活習慣などと遺伝の両方が影響する」といったほうがいいでしょう。また、女性の場合はもともとテストステロンの分泌量が少ないので、AGAにはならないわけです。

プロペシア同様にDTHができるのを抑えるのがザガーロ

このいくつかのステップを経て髪の毛が抜けるAGAで、プロペシアもザガーロも働きかける部分は同じです。テストステロンがDHTへと変化するのを阻害します。もちろん、これでアンドロゲン受容体と結びつくDHTの量も減るので、成長を止めてしまう髪の毛も減るわけです。

ザガーロならふたつの酵素を抑えることができる

テストステロンがDHTへと変化するのにかかわっているのは「5α-還元酵素(リダクターゼ)」といいます。「酵素」とは、自分自身が変化することなく、周辺にある物質の化学変化を進めたり抑えたりするものをいいます。

この5α-還元酵素には、1型と2型の2種類あって、このどちらもがテストステロンをDHTへと変化するのを促進します。

プロペシアが働きを抑えることができるのは、2型だけです。しかし、ほかには日本の厚生労働省が効果と安全性を確認した内服薬はプロペシアしかありませんでした。そのためAGAに悩む人たちには救いの神として受け入れられてきたのです。

そこへ登場したのがザガーロです。プロペシアとの最大の違いは、5α-還元酵素の1型と2型の両方の働きを抑えることです。つまり、今までプロペシアを使ってもろくに効果がなかったような人でも、ザガーロならしっかりとした効果が得られる可能性があります。

ザガーロよりもプロペシアを使ったほうがいい人もいる

ただし、みんながみんな最初からザガーロを使ったほうがいいわけではありません。理由は主に3つです。

(1)AGA患者のだれでもが1型と2型の影響を受けているわけではない。1型の方はほとんど作用していない場合、ザガーロの効果の半分は無駄になる。
(2)一般的にプロペシアの方がザガーロよりも副作用が少ないと見られている。しかも、10年も早く使われ始めているため、副作用の診断方法や治療方法も研究が進んでいる。
(3)プロペシアならジェネリック医薬品があるので値段が安いが、出たばかりのザガーロにはない。

医薬品は開発した医薬品メーカーが特許を持っています。しばらくは独占的に製造・販売ができます。しかし、一定年月がたつと特許が切れ、ほかのメーカーが同じものを作ることができます。こういったものをジェネリック医薬品といい、内容も効果も同じながら、値段は安くて済みます。

プロペシアも2015年からジェネリック医薬品が可能になり、次々と発売されています。一方、まだできたばかりのザガーロにはジェネリック医薬品を作ることが認められていません。値段の高いものを買うしかないのです。

今の所、値段のメドはいずれも約1カ月分でプロペシア(フィナステリド1mg配合)が6,500円、プロペシアのジェネリック医薬品(フィナステリド1mg配合)が4,500円、ザガーロ(デュタステリド0.5mg配合)が9,500円といったところです。有効成分の配合量はいずれも一般的に1日に使われる量です。

AGA治療では毎日、何カ月何年と治療薬を飲み続けることになります。できれば経済的な負担がない方がいいでしょう。となると、プロペシアで済むのならそう選択するべきです。

自分が1型と2型がある5α-還元酵素のどちらの影響を受けているのか、あるいは両方から影響を受けているのかは、素人には判断できません。必ず、専門医の診察を受け、その指導に従うようにしなければいけません。

プロペシアよりもザガーロのほうが優れている点

このように、どちらがいいかは個人ごとに違います。とはいえ、ザガーロの効果の高さは多くの専門家が認めるところです。日本人を含むアジア人の臨床結果では、約1.6倍もの効果があるとされています。また、6ヵ月後の毛髪の太さを比べると、1.45倍とののデータもあります。

そのため、AGA治療専門クリニックでも多くのところが積極的に採用するようになっています。

ザガーロ 効果がでる期間はいつごろ?

ザガーロの効果が実感でき始める時期は、プロペシアとそう大きな差はないようです。早ければ3カ月ぐらいで、多くの人は6カ月ぐらいになります。なので、少々変化がなくても6カ月は続けるのが基本です。また、この時期になれば担当医の方でも、そのまま服用を続けるべきか、あるいはほかの方法を試すべきかの最初の判断をするでしょう。

ザガーロ 効果 M字

AGAでのハゲ方の特徴はM字型です。つまり、額からハゲてくるのが典型です。それも両わきの後退が目立つので、アルファベットのMのような形になるのです。とはいえ、頭頂から薄くなってくるパターンもあります。

先に申し上げたように、5α-還元酵素には1型と2型の2種類があり、プロペシアは型の働きを、ザガーロは型型の両方の働きを抑えます。

頭皮のうちのどの部分で1型と2型のどちらの5α-還元酵素が多いか、それらがどのくらい作用しているかは個人によって違います。ただ、ザガーロなら両方に効果があります。「プロペシアではM字型のハゲには効かなかった」、あるいは、「プロペシアでは額の方は改善したけど、頭頂はまったく変化がない」といったときでも、ザガーロなら頭全体に改善が見られる可能性が高いでしょう。

ザガーロ 効果ない場合は?

プロペシアよりも期待できるザガーロですが、それでも効果のない人もいます。そういった場合に考えられるのは次のような理由です。

・使い始めてからまだ時間がたっていないのに、効果を焦って判断している。
・使っているザガーロに含まれるデュタステリドが0.1グラムのもので、効果を発揮するのには濃度が薄い。この場合、0.5グラムのものに切り替えることが考えられます。
・ハゲ・薄毛になっている原因がAGAではない。あるいは、AGAにプラスしてほかの原因も持っている。
・治療が手遅れになって、毛乳頭や毛母細胞がすでに再生できる活性を下回っている。

また、もう一つ覚えておかなければいけないのが、「ザガーロにも発毛の作用はあるが、そう強力ではない。今生えているものを長持ちさせるのが主な効果」です。

発毛効果のために使われることが多い有効成分はミノキシジルです。養毛剤・育毛剤のりアップなどに配合されています。

作用の仕方がまったく異なる上、お互いの効果を邪魔することもありません。そのため、ザガーロとリアップなどを併用するの一般的です。もし、ザガーロだけしか使っていなかったのなら、リアップなどの外用薬を同時に使うことも考えてみましょう。もちろん、これも勝手に判断するのではなく、医師と相談し、その指導に従うのが原則です。

ザガーロの副作用は?

これまで承認されたAGAの内服薬はプロペシアだけしかありませんでした。そこへより効果が強力とされるザガーロが登場したので、大きな期待を集めています。ただし、問題は副作用です。登場して間がないので、今後話しは変わるかもしれません。しかし、今のところ大半の専門家は「プロペシアよりも副作用が出やすい」とみています。

初期脱毛

ザガーロでも初期脱毛は見られます。また、その出始める時期や続く期間はプロペシアと大差はありません。

つまり、早ければ使い始めてから2週間ぐらいで抜け毛が増え始め、1カ月程度続くことが多いようです。それを過ぎれば抜け毛は止まり、次第に抜け始めたころに戻ります。「髪の毛が増えた」と実感できるのには半年ぐらいかかると考えていたほうがいいでしょう。

ただし、個人差はあります。ほとんど初期脱毛らしい初期脱毛はなく、右肩上がりに増える人もいます。かと思えば、初期脱毛が2か月ぐらい続く人もいるようです。どちらであっても心配しすぎないようにしましょう。ヘアサイクルが正常に戻るためのステップのひとつに過ぎません。

ED

これもプロペシアと同様です。率は少ないものの、性欲がなくなり、極端な場合はED(勃起不全)になることもあるようです。ただし、そのメカニズムはよく分かっていません。

たしかに、ザガーロもテストステロンがDHTに変化するのを抑えます。しかし、男性機能に密接に関係しているテストステロン自体の分泌量には影響を与えないと考えられてもいます。

もし、性欲減退などになったときは治療は比較的簡単です。というのは、ザガーロと性機能の治療薬は同時に使っても問題はないと考えられているからです。ザガーロを処方してもらっている医師と相談の上、性機能の方の治療も考えてみればいいでしょう。

デュタステリド 副作用 確率

ザガーロ(デュタステリド)が厚労省に承認される際に出されたデータによると、性欲減少5.8%、ED5%、射精障害1.7%といった副作用があることが分かっています。これはプロペシアの性欲減少1.1%、ED0.7%、その他の症状は1%未満と比べると高めなのは確かです。より慎重に使いたいものです。

デュタステリド 半減期

薬を服用してから、その成分が血液に混じり最も濃くなる濃度からみて、半分の濃度にまで減る時間を半減期といいます。一般的な薬では8時間程度とされます。デュタステリドの場合は極端に長く、3-5週間かかります。

つまり、薬を飲むのをやめても、3週間から5週間は飲んだ直後の半分ぐらいの効き目を保っていることになります。完全に抜けるのはさらに先です。

また、ザガーロはデュタステリドが0.1ミリグラムか、0.5ミリグラム配合されている錠剤ひと粒のむのが基本です。最大でも1ミリグラムです。もちろん、その分は計算に入っていますが、前に飲んだ分がまだ効いているうちに重ねてまたのむことになります。

勝手に量を増やしても効果はアップしません。副作用の可能性ばかり大きくなります。しっかりと医師の指示を守って使うようにしなければいけません。

子作りは禁止?

女性はもともとザガーロを使いません。それでも、間違ってのんだり、手に触れないように注意が必要です。のめばもちろん、皮膚からも吸収されます。そうなると、へその緒や母乳を通して、胎児や乳児にまでデュタステリドが届いてしまう可能性があります。特に男児の場合はペニスや睾丸が発達しなくなる可能性があります。

一方、男性の場合は、精子などに影響を受けることがないとされています。これから子どもを持つような人にも禁止はされていません。ですが、なかには「念には念を入れて」と、ザガーロの服用を中止したい人もいるでしょう。

半減期の長いデュタステリドなので、完全に血液から消えるのにも時間がかかります。一応のメドとしては、1日あたり0.1ミリグラム服用していたのなら3カ月、0.5ミリグラムなら5カ月、1ミリグラムなら6カ月です。

どうしても心配になるようなら、これらの期間が過ぎてから子作りに入るようにしましょう。

デュタステリド 耐性

「プロペシアやザガーロに対して体に耐性ができないように、このふたつを交互にのんだほうがいいのではないか」といった考え方をする人もいるようです。

これは間違った考え方です。どちらにも、対しても体が耐性を持つことはありません。つまり、「長く使っていると効果が薄まる」といったものではありません。

また、どちらも長く使って初めて効果が出始めます。交互に使うと、短期間ずつしか使ったことにしかなりません。それこそが、効果が出ない使い方です。

まとめ

ザガーロは10年も待って、ようやく登場したプロペシアに続く内服薬です。また、効果の高さも確かです。期待を寄せる人は多いでしょう。しかし、現時点でも副作用が強めなことは分かっています。また、実際に使う人が増えてデータも充実するのはこれからです。

もちろん、医師の指示は正確に守りましょう。また、自分でも常に最新の情報を集めるようにしたほうがいいでしょう。