女性がagaになるメカニズム

女性のagaの原因は、主にホルモンバランスが乱れるためです。
女性の身体の中では女性ホルモンが分泌されていますが、男性ホルモンも少量分泌されています。
通常は女性ホルモンの量が多いため、コシを保ったリ発毛を促したりして女性らしい髪を維持することができます。
しかし加齢や生活習慣の乱れなどで女性ホルモンの量が減少すると、男性ホルモンの働きが目立つようになるため、これらの働きやヘアサイクルが乱れてしまうのです。
これが女性のagaのメカニズムです。
またテストステロンという男性ホルモンが抜け毛を誘発する酵素とくっつくと、毛母細胞の働きを弱くするジヒトステロンという男性ホルモンが生成されます。
それにより毛が抜けたり、細くなったりすることもあります。

FAGA(女性男性型脱毛症)はagaとは違うの?

FAGAとは、女性(Female)のagaという意味です。
どちらも男性ホルモンが関係していますが、男性のagaと女性のagaでは違う点がいくつかあります。

★発症する年齢が違う
★脱毛が進行する順序が違う
★治療薬が違う

男性のagaは、20~30代に発症するケースが多いです。
しかし女性の場合は、40~50代の中高年に多く見られます。
また男性は生え際や頭頂部から薄くなるのに対して、女性はつむじから薄くなりはじめて全体的に髪のボリュームがなくなっていきます。
そのため男性よりも、薄毛に気づきにくいです。
女性も男性と同じようにクリニックなどで治療が可能ですが、男性に使用される治療薬が女性には使えないことがあります。

20代の女性もagaになることがある!?

前述したように、女性のagaは40~50代に発症するケースがほとんどです。
しかし20代の若い女性も油断はできません。
若くてもホルモンバランスの乱れが続けば、agaになることがあります。
ホルモンバランスの乱れは、以下のようなことが原因で引き起こされることが多いです。

★過度な飲酒・喫煙
★ストレス
★食生活の乱れ
★睡眠不足
★過度なダイエット

これらに思い当る人は、生活を見直しましょう。
またカラーリングやパーマなどを繰り返している場合も、注意が必要です。
それらによって頭皮がダメージを受けると、抜け毛や薄毛に繋がるからです。
頭皮が赤くなっているとダメージを受けている可能性が高いので、チェックしてみましょう。

女性のagaの治療は保険が適用されるの?

女性のagaの治療は、以下の医療機関のいずれかで受けることになります。

★皮膚科
★agaや薄毛の治療を専門に行うクリニック

これらのうち、症状によって保険が適用されるケースがあるのは皮膚科です。
それ以外の場合は、美容目的と考えられているため保険が適用されません。
また皮膚科での治療は発毛を促すというよりも、agaの進行を抑える予防的な治療薬を処方されることが多いのが特徴です。
一方で専門クリニックの場合は、頭皮に直接有効成分を入れる治療や植毛などの積極的な治療も豊富。
自由診療なのでこれらの費用は高額になることが多いですが、内服薬と外用薬のみを使用する場合は大体毎月20,000円前後です。
それでも保険が適用されるケースと比較すると高額ですが、見た目を変えたい人は満足できる可能性が高いです。

agaの治療で使用されることが多いミノキシジルとは?

ミノキシジルとは、agaの治療に使用されることが多い外用薬です。
クリニックなどでは、内服薬と一緒に処方されるケースが多いです。
国から認可を受けている治療薬で、高い効果が認められるという証でもあるA判定をもらっています。
しかし男性と女性とではミノキシジルの濃度が異なるため、つける量には注意してください。
また痒みや炎症などの他、眠気や頭痛などの副作用が起こる可能性もあります。
そのためミノキシジルが含まれている市販の商品もありますが、なるべく医師に処方してもらうのがおすすめです。
実際に使用する際は、頭皮と髪を清潔にしてから使用しましょう。
使用するミノキシジルによっては使用方法が異なることもあるので、それぞれの使用方法をしっかり確認することが大切です。

セルフチェックだけで判断するのは危険!?医療機関を見つけるときの注意点も紹介

女性がagaの治療のために、医療機関に行くのは勇気がいるでしょう。
最近は薄毛で悩む女性が多いということがわかり、女性のagaの治療を行える医療機関も増えましたが、それでも抵抗があるという人は少なくありません。
そのためインターネットを使ってセルフチェックを行い、自己判断で安心する人もいます。
確かにセルフチェックは早期発見に役立ちますが、それだけでFAGAではないと判断するのは危険です。
実際はFAGAなのにそのまま放置すると、どんどん症状が進行してしまうからです。
ですからセルフチェックや見た目でFAGAの疑いを持ったら、すぐに医療機関に相談しましょう。
専門のクリニックによっては、メールに自分の頭皮の写真を貼り付けて送れば医師がそれを見て診察してくれることもあるので、気軽に相談できます。
ただし医療機関を選ぶときは、以下の注意点に気を付けることが大切です。

★aga専門の医師がいるか
★女性専用の医療機関か

女性は生理や妊娠があるなど、男性とは異なる部分も多々あります。
それにより治療方法や生活習慣のアドバイスなども違うため、女性のagaの専門クリニックのほうが安心です。
またagaの専門医がいればagaに関する小さい悩みにも答えてくれるので、安心して治療を行うことができるでしょう。

女性のagaにはプロペシアはNG?

男性のagaの治療には、内服薬のプロペシアが主に使用されています。
しかしこの薬は、あくまでも男性のagaの治療薬として開発されたもの。
配合成分も男性向けなので、女性にはNGです。
プロペシアにはフィナステリドという成分が配合されており、この成分はジヒトステロンという男性ホルモンを抑える働きをします。
ジヒトステロンの分泌が抑えられれば発毛するのでは?と考える人もいると思いますが、妊娠中の女性が服用する場合はリスクが高くなります。
もしお腹の中にいる赤ちゃんが男の子だった場合、生殖器の成長に悪影響を及ぼす可能性が高くなるのです。
ですから医療機関では、女性にプロペシアを処方することはほとんどありません。
ただ自分が処方されなくても、一緒に住んでいる人の中にプロペシアを服用している人がいる場合は安心できません。
なぜなら、皮膚からも成分が吸収されるからです。
その場合は相手にそのことを伝えて、触る危険がない場所で保管してもらうようにしましょう。