実は頭皮の厚みと軟らかさは、頭皮の健康状態をチェックするバロメーターです。もし、薄くて硬いようならば、今はフサフサでもやがて髪の毛が抜け始めるかもしれません。逆に今は髪の毛が薄くても、一生懸命のケアの結果、頭皮が厚くて軟らかくなり始めたら、改善に一歩進んだ証拠と考えていいでしょう。その厚くて軟らかな頭皮を手に入れる最もお手軽で効果的な方法のひとつが頭皮マッサージ(ヘッドマッサージ)です。

頭皮マッサージの効果

ハゲ・薄毛に悩んでいる人、あるいは気になり始めた人は、まずは実際に自分の頭皮を触ってみましょう。もし、軟らかい・硬いの区別がつかないようならば、親しい人何人かに触らせてもらって比較すれば、すぐにわかるようになるでしょう。

髪の毛が薄い人は頭皮も硬い

ハゲ・薄毛の原因はたくさんあります。栄養の偏りや老化、あるいは遺伝が大きく影響している場合もあります。そういった人たちをチェックしてみると、多くの場合頭皮が薄くて硬くなっています。頭皮がそうなるのは、中の血管も縮こまっていたり、数が減っていたりするからです。こうなると、流れる血液の量も減り、毛乳頭や毛母細胞にも十分な栄養が行き届きません。

ハゲ・薄毛の治療といえば、「頭皮の中の血行をよくする」といったことが狙いにされます。たとえば、発毛剤・育毛剤などの外用薬の配合成分としてよく用いられるミノキシジルは、血管を広げることで血液を流れやすくします。その結果、毛乳頭なども活動を取り戻すことになります。あまり注目されませんが、ミノキシジルは「頭皮の厚みを増し、軟らかくもする」という成分でもあるのです。

お手軽・無料の頭皮マッサージで育毛を

頭皮のコンディションを改善するには、ミノキシジルの配合された外用薬を使うのも効果が期待できる手段です。ただし、1カ月あたりの金額は数千円になります。この出費がずっと続きます。

一方、マッサージならばタダです。もしお金がかかるとしても、簡単なグッズを1回買えばずっと使えます。それに、「外用薬か、マッサージか」といった考え方をする必要もありません。外用薬を使いながら、マッサージを行っても何の問題もありません。それどころか、外用薬も染み込みやすくなるでしょう。そうなると、マッサージと外用薬の相乗効果も期待できるようになります。

頭皮マッサージは顔のたるみ解消にも効く

頭皮マッサージがおすすめできる理由はそれだけではありません。ひとつには、ハゲ・薄毛の原因が何かを特定する必要もありません。なので、男女とも同じように効果を期待できます。

ハゲ・薄毛といえば、最近は男性の問題として採り上げられることが多く、治療方法もどんどん進歩しています。その一方で、女性のハゲ・薄毛についてはあまり情報もなく、治療方法も決め手となるようなものはありません。もし、女性でハゲ・薄毛に悩んでいるのならば、まずは頭皮マッサージから始めてみましょう。

また、頭皮マッサージには美容効果もあるのが、女性にはいっそうありがたいはずです。エステサロンでも定番のメニューです。頭皮の血行がよくなれば、そこからつながっているホオやアゴの血行までよくなります。リンパ液もスムーズに流れることになるでしょう。新陳代謝も進み、顔全体のエイジングケアにもなります。肌はきれいになり、ホオのたるみも改善します。

もちろん、男性にとっても同じことです。髪の毛のためだけではなく、シャープなフェースラインを手に入れるためにも頭皮マッサージに取り組みましょう。

もちろん、まだ髪の毛に問題がない人にも予防策として始めてもいいでしょう。

頭皮マッサージでハゲ・薄毛解消と同時に小顔にも

同じ理由で小顔にもなります。もちろん、ホオなどを直接マッサージするのも効果があるのですが、実際に血液やリンパが滞っているのは、頭皮であることも多いものです。というのは、ホオなどは話したり食べたりといったことで常に動かしています。しかし、頭皮は動かすことがありません。

やはりマッサージで血液やリンパの流れを促してやりましょう。そうすることで、そこよりも下にあるホオなどでもスムーズに流れるようになります。

頭皮マッサージのやり方にはコツがある

頭皮マッサージは軽くソフトにやりましょう。痛みがあるようなら力を入れすぎです。また、同時にツボ押しも行うようにしましょう。相乗効果が期待できます。

血液・リンパの流れをよくするのが頭皮マッサージ

男性の場合、マッサージといえばどうしても、肩こりを直すようなゴリゴリとしたものをイメージしがちです。頭皮はごく薄く、すぐ下は骨です。それを頭皮でやってしまうとマイナスの方がはるかに大きくなります。「もむのではなく、骨の上で皮膚を軽くスライドさせる」がコツです。これで十分に皮膚の下の血液やリンパ液が流れ始め、その部分にある筋肉も軟らかくなります。

・M字型ハゲならば真っ先に前頭部のマッサージを

M字型と呼ばれるハゲ方があります。額の両わきから後退していくタイプです。この場合は、額部分にある前頭筋の改善を目指します。もちろん、頭頂などが薄くなっている場合にやるほうがいいでしょう。やり方としては、この部分の皮膚を上下にスライドさせます。これで十分に刺激になります。

(1)両手の人さし指・中指・薬指の腹の部分をそれぞれ、額の左右に当てます。
(2)やや圧力を加えた状態で、この左右6本の指で皮膚を上に軽く引き上げ、そこでひと呼吸置きます。
(3)ここから今度は下の方を目指して引っ張ります。「上にいったのを放す」のではなく、「捕まえたまま下へ持っていく」といった感じです。
(4)一連の動作を10回ほど繰り返します。時間にして1、2分です。

・頭頂部と後頭部のマッサージでは皮膚を中央に寄せる

頭頂部と後頭部は一緒にマッサージできます。特に頭頂部は、体の先端にあってしかも位置も最も高いです。なかなか血液が回ってきません。また、その頭頂部へけつ系を送り込んでいるのが後頭部です。両方いっぺんにやることでいっそう効果が上がります。

・頭頂部へは両わきから包み込むようにして、人さし指・中指・薬指を当てます。そうすると、自然に親指が後頭部に当たるはずです。
・軽く頭皮に圧力を加えた状態で、これら8本の指を中央に向かってスライドさせます。頭のてっぺんでシワを寄せるようなつもりでやればいいでしょう。
・5秒ほどキープしたら、ゆっくりと戻します。やはり、放すのではなく指と一緒に動かします。
・この動作も10回程度繰り返しましょう。

・側頭部は指で小さくもみほぐす

耳の上には側頭筋があります。「こめかみ」といった場合もこの部分にあたります。食事でものをかんだり、あるいは寝ているときの歯ぎしりなどでも知らず知らずのうちにこり固まってしまいます。頭頂だけはなく目の周辺の筋肉や肩の筋肉連動しています。この部分がほぐれれば、目の疲れや肩こりまで改善します。これらはストレスの原因にもなっているので、解消すればその意味からもハゲ・脱毛の改善につながるでしょう。

・使うのは人さし指・中指・薬指の3本です。こめかみは全体的に筋肉の薄い部分なものの、指で探るとまだしも厚みのある部分があるでしょう。そこに軽く開いた状態で3本の指を当てます。
・圧力を加えて、ほぼその場で指を小さく回転させます。
・10回ほどやったら、回転方向を逆にしてやはり10回程度繰り返します。
・ここまでの動作を3回ほど繰り返します。

マッサージと一緒にやりたいツボ押し

頭にはたくさんのツボが集まっています。刺激すると、血行をよくする・ストレスを解消するといった効果があります。「抜け毛を改善する」とされるものも少なくありません。ただ、それらはストレートに抜け毛を改善するのではなく、血行をよくするなどの結果であることがほとんどです。あまり厳密には考えないで、実際にやってみて気分がよくなるようなお気に入りのツボを見つけるようにしてもいいでしょう。やり方はどのツボも同じで、親指や人さし指など最も力を入れやすい指を使って、その腹でじんわりと5秒ほど圧力を加えます。

・百会(ひゃくえ)

センターラインと両耳を結んだ線が交差するところにあります。頭のてっぺんですね。ここを指で探って、ちょっとくぼんだところを見つけましょう。人さし指や中指で押しますが、押しにくいようならば適度な硬さのものを使ってもいいでしょう。

血行促進、ストレス解消、頭痛解消などなど、「万能のツボ」と呼ばれています。「どれから初めていいか」と迷うようならば、この百会にしましょう。

・天柱(てんちゅう)

まず、後頭部の生え際かその少し下の首筋で、最もくぼんだところを探します。ここから左右に外していき、太い筋肉のその外側にあります。やはり少し指が入りやすいところがあるはずです。親指を使うのが最も簡単でしょう。

肩こり解消、疲れ目解消、リラックスなどの効果があります。

・風池(ふうち)

指で探ると、天柱の外側にタテに筋肉が通っていて、その外側も指が入りやすい場所があるはずです。指1本か2本分、天柱の外側です。やはり親指で押すのがいいでしょう。

頭痛が軽くなるほか、頭部などの血行促進になります。

・頭部以外のハゲ・薄毛に効くツボ

ハゲ・薄毛の解消に役立つツボは頭部にあるとは限りません。足の裏にある湧泉(ゆうせん)は全身の血行をよくすることで、ヒザの裏にある陰谷(いんこく)は腎臓の働きをよくして血液の質を上げることで、髪の毛にもプラスになります。

ほかにもいくつもあるので、頭皮マッサージと頭皮のツボ押しのついでにこれらのツボの刺激もするようにしたいものです。

あったら便利・気持ちいい 頭皮マッサージグッズ

かつて、ブラシで頭皮をたたくのがはやった時期がありました。「毛乳頭が刺激される」というのです。専用のブラシも医薬品メーカーなどからも商品化されました。これは今は「間違ったやり方だった」とする声が大半です。かといって、頭皮マッサージグッズが全部ダメなわけではありません。効果が実感できるものもたくさんあります。

そんな中から、代表的なものを紹介しましょう。

・モミダッシュ=ブラシのような形をしていますが、毛の部分はゴムでできています。これが強力に振動します。防水設計になっているので、マッサージしながら頭を洗うことも可能です。

・頭皮エステ=大手家電メーカー・パナソニックの製品です。10センチ四方ほどのところに、突起が4本付いています。これが振動します。やはり洗髪にも使えます。もちろんシャンプーもOKです。

・ヘッドスパワイヤー=同じタイプのものがたくさんのメーカーから出ています。一見、茶筅(ちゃせん)かかき混ぜ器のような形をしていて、ある何本もの棒で頭を包みます。上下させることでその先端部分が頭皮に当たって、マッサージ効果を生みます。棒の部分に弾力があるので、手でマッサージしたときとは違い、力が入りすぎることはありません。

くれぐれもやり過ぎには注意 逆効果もありえる

「頭皮マッサージがハゲ・薄毛対策になる」と聞いて、即座に頭に手をやってもみはじめた人もいるかもしえません。しかし、思いつくままにやってもダメです。効果がないどころが、逆に髪の毛も抜けてくるかもしれません。

また、頭皮マッサージで何が期待できるかもしっかりと知っておきましょう。日ごろの習慣にして、しばらくたってから「ちょっとよくなっているかも」ぐらいのことがほとんどでしょう。限界以上のことをやろうとすると、それもまたダメージになってしまいます。

特に警戒しなければいけないのが、「やりすぎて血管をつぶさない」です。もちろん、血行が悪くなって、毛乳頭や毛母細胞が十分に栄養を受け取ることができなくなります。

まとめ

頭皮マッサージでのハゲ・薄毛対策は効果を焦ってはいけません。また、これ単独で劇的な変化を期待するのも難しいでしょう。できれば、AGA治療専門クリニックでの治療などと並行して行うようにしましょう。

また、うまくできるようになれば、気持ちよくてストレスも解消します。そういったことだけでもやってみる価値は十分にあります。そうしているうちにいつしか、血流は改善し、頭皮のコンディションもよくなっていることでしょう。