頭が薄くなったりハゲたからといって、それだけで健康上の問題があるわけではありません。しかし、できない髪形が増えてフラストレーションを感じたり、人に気づかれないようにと引っ込み思案になったりもします。20代30代の若いうちは特にそうです。

以前ならかつらを使うことも考えたかもしれません。しかし、それはそれで「ごまかしている」という後ろめたさがつきものでした。しかし、今は治療方法も進化しています。なかでもAGAの治療方法はそうです。年齢や体質に合った対策を取れば、かなりところ自分自身の髪の毛を取り戻すことができるでしょう。

AGAは何歳くらいからはじまるの?

意外に早い? AGAの発症

AGAには男性ホルモンの一種・テストステロンが深くかかわっています。これが変化をして毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことで、今生えている髪の毛の寿命を短くします。

テストステロンの分泌が増えるのは第二次性徴期です。「男性らしさを増す」「筋肉の量を増やす」というのがテストステロンの役割なので、この時期になるのは極めて当たり前と考えていいでしょう。

第二次性徴期は言い換えると思春期です。早い人は10代後半にはAGAが始まっていると考えてもいいでしょう。

25歳 ハゲてきた人も

ただ、テストステロンの分泌が増えたからといって、即座にAGAが始まるものではありません。AGAになりやすいかどうかは遺伝とも関係しているのはわかっていますが、遺伝だけで決まるものでもありません。また、始まったっといってもそこからの進み具合が早い人も遅い人もいます。なので、実際には20代半ばか後半ぐらいからAGAの対策の必要を感じる人が増え始めます。

AGAの症状が出始めることを、「AGAのスイッチが入った」といった言い方もします。スイッチが入るきっかけはいくつかあるでしょうし、はっきり分かっているわけでもありません。しかし、そのなかで比較的はっきりしているのがストレスです。

ストレスはそれだけでも円形ハゲなどを引き起こすだけではなく、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)へと変化する量を増やしてしまいます。これが男性ホルモン受容体と結びついてAGAにつながります。それまでAGAになっていなかった人でも、ここでスイッチが入ってしまうかもしれません。

また、「成長ホルモンにジヒドロテストステロンのできるのを抑える効果がある」とも考えられています。この成長ホルモンの分泌のピークは10代半ばです。20代に入るとすでに下り坂になっています。25歳前後で発症する人がいるのも、成長ホルモンの分泌量から考えて納得のいくところでしょう。

AGA 年齢別発症率

ハゲ・薄毛に悩む人は20代では4人に1人

育毛や発毛のサービスで知られるリーブ21が2013年にアンケートを実施したところ、「あなたは薄毛だと思いますか?」の問いに「はい」と答えた人は、男女・年代別に次のような割合になりました。

(年代、男性、女性)
15~19歳=11%、7%
20?29歳=26%、13%
30?39歳=38%、20%
40?49歳=45%、24%
50?59歳=58%、31%
60?69歳=61%、44%

ただし、これはAGAだけに限ったものではありません。ほかの原因による薄毛も含まれています。

AGAの男性は全体の30%

また、「日本皮膚科学会ガイドライン」

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

では、男性型脱毛症について、「日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約 30%」「20 代で約 10%,30 代で 20%,40 代で 30%,50代以降で 40 数%と年齢とともに高くなる」としています。「男性型脱毛症」とはAGAの別名です。

つまり、男性の場合、20代なら10人に1人、30代なら5人に1人がAGAを発症していることになります。

髪 薄く なる 年齢は40代が多い?

リーブ21のものにしても、日本皮膚科学会ガイドラインのものにしても、20代、30代、40代のいずれも同じように薄毛に悩み始めたり、AGAが発症したりする人がいます。特に40代だけが多いわけではありません。

ただ、いろいろな面で、「若い時とは疲れの回復具合が違う」などと老化を感じ始める年代です。それだけに、薄くなった髪の毛に気がつくとさらに老化のサインを見つけてがっくり来るのでしょう。40代で髪の毛の悩みを口にし始める人は少なくないようです。

また、AGAだけではなく、新陳代謝が衰えたり、血行が悪くなることでの抜け毛なども加わります。これを回避するには、ごくごく一般的な健康法を心がけるのがいいでしょう。違う言い方をすれば、「食生活や生活習慣に気をつけましょう。それらを改善すれば、頭皮の状態もよくなる」ということです。

また、50代で薄毛に悩む人の増加具合が跳ね上がるのは、老人性脱毛症のためと考えていいでしょう。

M字ハゲになりやすい年齢は?

AGAの典型的なパターンにM字ハゲがあります。額の生え際、それも両端から後退していくものをいいます。やはりAGA自体の発症と異なることはなく、早ければ10代半ばからでも始まります。20代半ばともなると、悩む人も増えるでしょう。

しかし、すぐに対策を取れば救える可能性も高いです。というのは、本当に原因がAGAであれば、治療方法がかなり進歩してきているからです。まずは、皮膚科かAGA治療専門クリニックに行きましょう。診断をつけてもらうのが第一歩です。

また、M字ハゲに次いで多いのが、頭頂からハゲ始めるパターンです。この場合は、AGAだけではなく、血行不良などで毛根へ栄養が行き渡らないことも影響している場合が多いです。

日本人はAGAになりやすい?!

大手かつらメーカーのアデランスは継続的に、世界の21の国と地域で薄毛の人の率を調査しています。

これによると、最も薄毛男性の多い国はチェコで40%を超えます。あとはスペイン・ドイツ・フランス・アメリカと続きます。日本は14位の26パーセントです。ただし、それ以下はすべてアジアの国なので、「日本はアジアの主要国のなかで最も薄毛が多い」ということになります。ちなみに最下位は中国でした。

欧米とアジアの比較では、「食生活の違いが影響している」と考える人もいるようです。また、リーブ21では「研究の結果、中国人に薄毛が少ないのは、ウーロン茶の効果による」とも発表しています。これらの研究が進めば、また別のハゲ・薄毛対策が発明されるかもしれません。

何歳までハゲなければ大丈夫?

AGAにスイッチが入るのは遅ければ40代です。「これさえ無事に過ぎてしまえば、AGAになる可能性はもうない」といってもいいかもしれません。ただし、今度は老人性脱毛症になる可能性が高まります。とはいえ、老人性脱毛症の場合は、そう劇的に進行するものではないので、やや安心していいのではないでしょうか。

また、ハゲ・薄毛のなかには、円形ハゲのように多くの場合ストレスからくるものであれば、そのストレスさえなくなれば回復します。一方、AGAは放置しておくと、どんどん回復が難しくなります。ハゲ・薄毛に気が付いたら、まずは診断を受け原因を把握しておくようにしましょう。

もちろん、原因や年代別にとらなければいけない対策は異なります。我流でやるのではなく、医師の指導を受けながらやるようにしたほうが安心です。

AGA治療に年齢制限はあるの?

AGAの治療薬の代表とされるのは、プロペシアやミノキシジルです。実はこれらの治療薬は未成年に使うことはできません。成長期に使うと副作用が強く出る可能性があるのです。

未成年の場合も、治療自体は受けることができますが、ほかの方法を考えることになります。

また、「何歳までなら治療できるか」は個人によって異なります。毛母細胞の活動が低下しているだけで、毛母細胞自体がまだ残っているのなら回復する可能性はあります。

まとめ

「AGA」という言葉が広まると同時に、「若ハゲ」といった言い方はなくなりました。それだけ何が問題になっているかがはっきりしてきたといえるでしょう。

また、AGAは早めに治療にかかるほど、楽に回復します。ハゲ・薄毛がはっきりしてくるよりも、その可能性を感じた時点で、一度診断を受けておいたほうがいいでしょう。くれぐれも、市販の養毛剤・発毛剤などに期待をかけ、時間を無駄にすることがないようにしましょう。