プロペシア(有効成分フィナステリド)が内服薬の代表なら、外用薬(塗り薬)の代表はミノキシジルです。この両方を一度に使用している人もいるでしょう。

どちらにも初期脱毛が見られることがあります。ハゲ・薄毛の対策として使うものであるにもかかわらず、最初は逆に髪の毛が抜けてしまうのです。しかし、心配することはありません。「ハゲ・薄毛が解決するための第一歩を踏み出した」と考えるようにしましょう。

「なぜ、そういったことが起こるのか」「その間はどうやってやり過ごせばいいのか」を事前に理解しておけば、初期脱毛が起きたときにも慌てずに済むはずです。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは有効成分の名前です。これで知っている人はあまりいないかもしれません。しかし、発毛剤・育毛剤の「リアップ」のシリーズや「スカルプD メディカルミノキ5」なら、町の薬局にも置いてあることもあって、知らない人はいないでしょう。これらにも配合されていて、メインの有効成分になっています。

元は高血圧の治療薬

ミノキシジルは1960年代にファイザー(当時はアップジョン社)が高血圧の有効成分として開発しました。それが、同時に脱毛症を改善する効果があることがわかり、髪の毛のための薬として販売されることになります。

高血圧に効くのは、血管を広げる作用があるためです。血管が広がると、中を流れる血液も血管壁を押さなくて済むようになります。また、同じ理由で流れる血液の量も増えます。

「詳細はまだわからない」とされているものの、この「流れる血液の量も増える」というのが、プラスに働いていると考える専門家は多いようです。毛乳頭細胞や毛母細胞へと流れ込む血液の量も増えます。そこには栄養分が溶け込んでいるので、これら細胞も盛んに活動をするようになります。

もう一方のフィナステリドは、「生えている髪の毛を長持ちさせる。成長し続けさせる」という効果が期待されているのに対し、ミノキシジルは「発毛効果を発揮させる」ように期待されています。それぞれ、期待される効果が異なるために、両方同時に使われることが珍しくありません。

外用薬が一般的

実はミノキシジルには内服薬もあります。実際に一部のAGA治療専門クリニックなどでは処方もされています。ただし、これには注意も必要です。日本国内ではAGA治療内服薬としては認可されていません。そのため、海外から輸入したものが使われています。

ただ、一方で副作用があることも知られています。具体的には、血圧低下、めまい・ふらつき、腹痛、吐き気、心臓疾患などです。専門医の中にもAGA治療薬としてミノキシジルを使用する危険性を指摘する声も決して少なくありません。医師から勧められても、慎重になったほうがいいことは確かでしょう。

また、個人輸入代行業者を通して通販などでも手に入ります。医師の指導なしに使うことになり、異常があっても気がつくのが遅れる可能性も高いです。また、品質なども保証されていません。違法性はないものの、手を出さないほうがいいでしょう。

内服薬の場合により副作用が深刻になるのは、成分が血液を通して全身に回るためです。外用薬なら、直接作用させるのは頭皮だけなので、その分危険性は少なくなります。

初期脱毛が起きるメカニズム

髪の毛には、(1)休止期、(2)成長期、(3)退行期という3つの時期があります。「毛穴から生えているけども、もう伸びてはいかない」という退行期が終われば、また休止期に戻ります。この順番を延々と繰り返しているわけです。

ミノキシジルを使い始めたときに特にすぐに反応するのは、退行期のしかもそのあとの方に近いものです。これらが、一斉に抜けます。つまり、どれも「放っておいても、もう抜けることが決まっている」というものばかりです。なので、ほんの少し長いスパンで考えると、まったく悪い影響はありません。

それどころか、「早く休止期に入り、その分、成長期にも早く移る」ということなのです。その成長期が来たなら、以前よりもコンディションのいい髪の毛が再生しているでしょう。だからこそ、ミノキシジルは効くのです。

ミノキシジル 初期脱毛 ひどい場合はどうなる

ミノキシジルによる初期脱毛がどの程度になるかは、個人差があります。ただ、「ひどい初期脱毛があった」とするのは、ほとんどが「ミノタブ(ミノキシジルタブレット)」、つまり内服薬で錠剤になったミノキシジルを使った場合のようです。

また、ミノキシジルを使う人の多くはプロペシアも併用しています。どちらの副作用かも判断しにくいことがほとんどでしょう。

もし、ミノキシジルの外用薬を使って、初期脱毛があっても、よほどひどくない限りそのまま使い続けるのが原則です。せっかく効果が出始めているのを放棄することになります。

ただし、頭皮にかゆみやかぶれなどの症状が出たときは別です。ミノキシジルの初期脱毛以外の理由で抜け毛が増えている可能性も考えなければいけません。

サプリと内服飲み薬で差はあるか

実はミノキシジルタブレットが、ハゲ・薄毛の治療薬のように扱われているのは日本だけです。個人輸入代行業者が海外から手に入れてくるのも、高血圧の薬として売られているものです。また、ハゲ・薄毛の治療薬として使った場合の安全性や効果もしっかりとしたデータはありません。

なので、「ミノタブをどうしても、ハゲ・薄毛対策に使いたい」という人は、まったくの自己責任になることは承知しておきましょう。つまり、「効果がなかったりトラブルが出たりしても、文句をいっていく先はない」ということです。

もし、「どうしても、プロペシア以外に内服薬に近いものを使いたい」というのであれば、サプリメントを検討してみましょう。サプリメントはあくまで、健康補助食品であって医薬品ではありません。その分、激的な効果は期待しにくいものの、健康を損ねるリスクも少ないです。それでいて、血行をよくするためのもの、髪の毛のもとになるような栄養素を含んだもの、発毛を妨害する皮脂の分泌を減らすものなどが用意されています。

通院中なら、医師にも相談してみましょう。おすすめのものがあるはずです。

また、同時に食生活や生活習慣も改めるようにしましょう。バランスの良い食事を心がけ、ストレスなどもため込まないようにすることが、ハゲ・薄毛の改善にもつながります。

ミノキシジル 初期脱毛 2カ月は続く?

ミノキシジルによる初期脱毛がいつから始まるのかも、個人差が大きいです。なかには、ほとんど初期脱毛らしい初期脱毛がなく、そのまま順々に回復するような人もいます。

ただ、よくあるのは「使い始めてから2週間か1カ月ぐらいで抜け毛が目立ち始め、1カ月ぐらい続く」というパターンです。

ミノキシジル 初期脱毛 2回目

なかには、使い始めてから半年前後で、もう一度激しい抜け毛が見られる人もいます。正式名称があるわけではありませんが、「2回めの初期脱毛」や「2次脱毛」などと呼ばれることが多いようです。

医学的に解明されているわけではありません。ただ、「髪の毛のコンディションが正常に向かっている証拠」ぐらいに考え、神経質にならずに同じケアを続けるようにしましょう。たいていは、以前よりもしっかりとした髪の毛が生えそろうようになります。がっくりと来て、ミノキシジルのしようをやめるようでは、遅かれ早かれ治療を始める前に戻ってしまいます。

ミノキシジル 初期脱毛 細い毛

ミノキシジルだけ、あるいはプロペシアだけ、その両方を同時に使っていても同じです話です。「単に初期脱毛で抜けているだけで、むしろ効果が出ている証拠」と「トラブルが発生している」の見分け方のひとつとして、抜けている毛の太さで判断する方法があります。

もし、抜けているのが主に細い毛ならOKです。安心しましょう。休止期・成長期・退行期のヘアサイクルがうまく行っていないものが正常化するために、中途半端に育った髪の毛を捨てて次の準備にかかっているのです。

逆に抜けているのが太い毛ばかりなら、頭皮のかゆみや皮脂の増加などがないかチェックしてみましょう。トラブルが発生して髪の毛に悪影響を与えている可能性があります。

ほかのAGA治療薬との違いは

ミノキシジルは基本的には外用薬で、しかも街の薬局でも扱える一般用医薬品です。そのことを知っておかないと、「ミノキシジルのジェネリック医薬品が安い」といった情報に振り回されることになります。

プロペシアとの比較

ハゲ・薄毛治療のもう一方の代表的な治療薬はプロペシアです。その有効成分のフィナステリドで知っている人も多いでしょう。

こちらの方は、特にAGA(男性型脱毛症)に使われます。男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン((DHT)に変化し、さらにいくつかのステップを経て、ヘアサイクルのうちの成長期にある髪の毛をすぐに抜けさせてしまうことから起こります。このテストステロンが変化を抑えるのがプロペシアの働きです。

プロペシアは女性のハゲ・薄毛に使われることはありません。また、男性の場合、性欲減退や肝臓障害などの副作用の報告例もあります。

一方、ミノキシジルは頭皮の血行をよくすることで効果を発揮します。そのため、AGAに限らずほかの原因のハゲ・薄毛にも用いられます。女性の場合もまったく問題ありません。また、フィナステリドとミノキシジルはまったく違う効果の発揮の仕方なので、両方一度に用いても無駄にはなりません。なので、AGAの治療には同時に用いることが珍しくありません。

ジェネリック医薬品とコピー薬

医薬品は厳しい臨床実験などを経て医療用の新薬として売り出されます。特許が認めらるのでほかの医薬品メーカーが勝手に同じものを作ることはできません。しかし、一定期間の後特許は切れ、他社は開発費をかけずに同じものを製造・販売できるようになります。これをジェネリック医薬品や後発医薬品と呼びます。

内容としては基本的に同じものです。機能や効果も変わりません。プロペシアの場合は、ファイザーや沢井製薬などが作っています。いずれも正式に国からも認められているものです。

一方、同じような効果をアピールをしておきながら、成分が違ったり、製造方法の一部が違ったりするものもあります。こちらは「コピー薬」と呼ばれます。はっきりいって偽物のニュアンスが強く、まったくおすすめできません。プロペシアの場合は、インドシプラ社の「フィンペシア」がコピー薬の一例です。

ミノキシジルにはジェネリック医薬品はない

実はミノキシジルにはジェネリック医薬品はありません。少なくとも日本国内ではそうです。しっかりと理解するために、次の2点を押さえておきましょう。

(1)ミノキシジルが配合された医療用医薬品は日本国内にはない。あるのは、大正製薬の「リアップ」のシリーズとアンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」だけ。これらは街の薬局でも手に入る。AGA治療専門クリニックなどでも出されるのは同じもの。

(2)高血圧の医療用治療薬としても国内では認められていない。ただし、海外では内服薬として用いられているところもある。また、値段の安いジェネリック医薬品も出ている。個人輸入代行業者が「ミノキシジルのジェネリック医薬品」として扱っているものこれ。

つまり、値段の安さがアピールされることの多い「ミノキシジルのジェネリック医薬品」は、「海外でミノキシジルに対するジェネリック医薬品として作られたもの。高血圧治療用の内服薬であって、錠剤として服用・投与されるタイプ。日本で許可されている発毛・育毛のための外用薬ではない」と知っておく必要があります。

まとめ

初期脱毛のことをまったく知らずに経験すると、「せっかく髪の毛を増やそうと思ったのに、まったくの逆効果」とびっくりしてしまうでしょう。しかし、慌ててはいけません。多くの場合、むしろそれこそが薬が効き始めた証拠なのです。ほかにトラブルが出ていないかはチェックしながら、余裕を持ってやり過ごすようにしましょう。

また、前もって「一時的に髪の毛がさらに薄くなる」という準備をしておくのもいいでしょう。たとえば、「思い切った短髪にして、髪の毛の薄さがわかりにくくする」「外出時に使う帽子を選んで購入しておく」などです。