AGAは病院で診てもらえます。医師にかかって治すものなのです。とはいえ、健康保険は利きません。いろいろな治療方法があるものの、全額自分で出すので、それなりの金額になります。通院期間も決して短くなく、診察回数も多いです。途中で資金切れにならないように、診察費(料金)もしっかりチェックしなければいけません。

AGA治療費の相場は?

病院で診てもらう場合、まず最初に無料カウンセリングが用意されていることも多いです。料金や治療方法の説明の場と考えていいでしょう。これは、基本的には無料です。

その次に初診があり、初診料がかかります。血液検査をしてAGAになりやすい遺伝子を持っているかどうかをチェックする・しないで金額が変わるものの、おおよそのところ1万円程度までと考えていいでしょう。

通院中の費用ですが、これは使用される薬や治療方法によって変わります。

さらに全く同じ薬を使い、同じ治療内容でもクリニック毎に費用はバラバラです。というのは、クリニックで自由に決めていいのです。それだけに料金のチェックは重要です。

飲むAGA治療

「飲むAGA治療」とは、内服薬を使っての治療です。

その薬の有効成分としてはミノキシジル、フィナステリド、デュタステリド、ザガーロなどがあります。薬の名前としては、フィナステリドはプロペシアなので、こちらの方で知っている人もいるかもしれません。

ミノキシジルには血管を広げる効果があり、頭皮でも毛母細胞へ流れ込む血液の量を増やすことができます。これにより、毛母細胞の活動を高めます。「髪の毛が抜けにくくなるし、伸びやすくなる」ということですね。

また、フィナステリドとデュタステリドは髪の毛の寿命を縮めるのにかかわっている5αリダクターゼという酵素の活動を抑えます。こちらは「抜けにくくする」と考えていいでしょう。ザガーロは最近登場した有効成分です。働きはフィナステリドと同じです。

内服薬には、これらの成分を組み合わせたものが使われるのが一般的です。

費用はやはりばらつきがあります。プロペシアだけを使うのなら数千円のところもあります。一般的には、月額にして15,000円から20,000円程度を中心に考えていいでしょう。

たとえば、AGA専門クリニックの銀座総合美容クリニックの場合は税込みで7,020円から18,900円と、やはり幅のある料金設定になっています。

頭皮へのAGA治療

内服薬の場合は、「血液に有効成分を乗せ、頭皮の中から効果を出させる」という方法とみるといいでしょう。

これに対し、いわゆる外から液をふりかける「毛生え薬」タイプのものは、頭皮の外から浸透させることで毛母細胞など必要なところに届かせることになります。

このふたつよりもより直接的に届かせる方法が注射です。注射針を通し、頭皮の中に直接有効成分を送り込みます。

方法としてはいずれも一長一短です。また、料金には大きな差があります。

・塗る

塗るAGA治療(外用薬)とは、早い話が発毛剤・養毛剤といわれている液を頭皮にかけるかたちです。つまり、大正製薬のリアップやアンファーのメディカルミノキ5のように薬局でも買えるものとやることは変わりません。

また、配合されている有効成分は内服薬でもおなじみのミノキシジルなどです。

クリニックなどへ行って、出してもらう外用薬はこのミノキシジルの配合濃度が上がるぐらいです。

やはりこれもクリニックや病院ごとに価格の違いはあるものの、1本数千円から1万円強と考えていいでしょう。1本で約1カ月持つことが多いようです。

皮膚科にあるAGA外来なら、1回の診察ごとに、再診料や処方せん料がかかり、これは2,000円前後のことが多いようです。薬が切れるころに再診でしょうから、これも毎月かかる金額と考えておきましょう。

つまり、外用薬による治療には、毎月1万円弱から1万2千円程度かかります。

一方、AGA専門クリニックの場合は、再診料などは取らないことも多いようです。ただし、薬代がもともと高めです。同じぐらいの費用はみておきましょう。

・注射

最も金額の差が大きくなるのが、この注射での治療です。というのは、注射薬の中身がクリニックや病院ごとのオリジナルで、大きく異なります。それに加えて、金額もクリニックなどが独自に決めることができるためです。

注射薬の成分はやはりミノキシジルなどが配合されていることが多いものの、決め手になるのは成長因子です。これは成長・分裂する能力の高い細胞から、成分を抽出したものです。血管を再生させたり、毛母細胞の分裂を盛んにさせたりといった効果があります。

この方法を「育毛メソセラピー」、また注射薬を「カクテル」、注射することを「カクテル注入」と呼んでいるクリニックもあるものの、まだ用語もしっかり固まっていない状態です。ほかの言い方になっていることも多いので注意しましょう。

多くの場合、月に1~2回程度の通院です。1回ごとにかかる金額は2万円程度から8万円程度です。最低でも半年ぐらい通院しないと目立った効果ありません。なので、費用もトータルでは15~60万円程度は最低でもかかる計算になります。

実際にクリニックが料金表に挙げている価格では、

・AGAスキンクリニックは50,000円(2cc)と70,000円(4cc)

・銀座総合美容クリニックは19,440円

・湘南美容クリニックは場合は、最低でも3回分まとめての料金設定になっていて、この場合で98,000円です。(いずれも税込み)

植える

自分自身の頭のわきやすそなどに生えている毛を必要な部分に移植することもできます。ひとことでいえば自毛植毛です。植え替えた場合は、元の皮膚の部分の性質を引き継ぐので、抜けているところに植えても定着させることができます。

植毛の場合、料金計算の単位としてよく使われるのが、「1,000グラフト」です。毛穴ひとつずつには通常2~4本の毛が生えています。この毛穴1,000セット分をいいます。これでカバーできる範囲は大まかに手のひらの大きさぐらいです。つまり、その半分でいいのなら500グラフト、倍必要なら2,000グラフトの植毛をすることになり、金額もその面積に比例します。

1,000グラフトで安いところで60万円前後、高いと200万円を超えるところも珍しくありません。

皮膚科では費用が安い?

「AGA専門クリニックではなく、皮膚科や皮膚科が開設しているAGA外来に行けば、AGA治療費が安くなる」というイメージを持っている人もいるようです。

残念ながら、「そう大きくは変わらない」というのが実際のところです。

おそらくは包茎手術などからの連想なのでしょう。包茎手術の場合は治療目的で皮膚科でやってもらうと健康保険が効き、保険がカバーしてくれる分が安くなります。一方、美容目的で包茎専門クリニックや美容外科などでやってもらうと自由診療となり、全額自己負担で金額が高くなります。

AGAの場合は皮膚科やAGA外来で診てもらっても健康保険は適用されません。したがって、全額自己負担となり、AGA専門クリニックと同じです。

また、先にも申し上げたように、AGAクリニックの中には再診料を不要にするなど、一見安くしているところもあるものの、ほかの料金まで視野に入れると代わりに高くなっているものもあって、トータルで見ると逆に高いことも珍しくありません。

AGA専門クリニックであっても皮膚科であっても、個別に料金をしっかりとチェックすることが必要です。

AGA治療費は、医療費控除ってあるの?

自分自身や家族が病院にかかった場合、その全員分の金額一年分のトータル次第では、支払った金額の一部が帰ってくる制度が医療費控除です。

「AGA治療費も対象になっていないか?」と期待したくなる人も多いでしょう。

この場合対象になるのは、あくまで治療目的の場合だけです。AGA治療は「治療」という言葉がついてはいるものの、病気を直すのとは一線を引かれています。美容目的とみなされ、豊胸手術などと同じ扱いです。医療費控除の対象とはなりません。

ただし、例外があります。なにかほかの病気になり、その影響が頭皮にまで及びAGA治療が必要になった場合、医療費控除の対象になる可能性があります。

ただし、必ずしもそうなるわけではないので、地元の税務署などに確認したほうがいいでしょう。

AGA治療費は、通う期間で変わる

AGA治療は通院したり、薬を飲み続けたりなどなど、手間もかかれば心理的なプレッシャーも大きいです。費用もかかります。改善の兆候がみられないと、ついついくじけてしまうかもしれません。

最初から長期戦は覚悟しましょう。少々変化が見られなくても、ひとつの治療法で半年ぐらいはがんばってみるのがひとつのめどです。また、最初にそれだけの費用も確保しておきましょう。

また、効果が出て満足が行くまで髪の毛が取り戻せても、手間から完全には解放されるわけではありません。ただし、今度は維持するためのものなので、かなり楽にはなるはずです。

まとめ

医療のなかで、AGA治療は今現在最も進歩の早い分野です。

しばらく前に治療を受けてみて効果がなかった人も、改めて受けてみるとハゲ・薄毛が改善することも多いです。完全にあきらめてしまうのではなく、常に最新の情報を集めるようにしたほうがいいでしょう。

また、これから初めてAGA治療を受けようという人は、自分に最適な治療方法を選ぶようにしましょう。選択肢が増えている分、なかなか難しいですが、最大の効果を得るためにはそういった手間は惜しまないようにしましょう。