AGA治療には最新の医療技術が導入されています。AGA治療専門クリニックの多くは、頭皮に発毛成分を直接注射するメソセラピーを用意しています。再生医療の技術を応用し、この成分に幹細胞をHATG治療法を採用しているところも珍しくありません。

しかし、あまりに目新しすぎて不安を感じる人もいるのではないでしょうか。そういった場合は、ABCクリニックに注目してみましょう。

AGA治療

ABCクリニックのAGA治療 特徴

ABCクリニックで採用されているのは、内服薬による治療だけです。物足りなく思う人もいるかもしれません。しかし、AGA治療専門クリニックでも最優先で検討されるのは、この内服薬による治療です。

AGA治療の基本は本来は内服薬

ほかの治療方法もなかなか魅力的です。しかし、治療費がかなりの高額になるのは注意が必要です。なかには、いきなりこれら高額の治療方法を勧めるようなところもあります。必ずしも良心的なクリニックばかりではないのです。

また、自分でAGA治療について調べてみて、「まずは治療薬だけを手に入れて、自分で試してみたい」という人もいるでしょう。確かにプロペシア(有効成分はフィナステリド)など主な内服薬は手に入ります。しかし、プロペシアなど自体に副作用があったり、品質が劣ったりなどの問題があります。あまりおすすめできる方法ではありません。

「医師の指示・監督の下で基本的な投薬治療を進めたい。それでいて、ほかの治療方法も勧められて気が散るようなこともないようにしたい」という人にぴったりなのが、AGAクリニックと言えるでしょう。

個人輸入代行業者を通して手に入れる薬とAGA治療専門クリニックを通して手に入れる薬の違い

ABCクリニックに限らず、内服薬として用いられるものは主に次のふたつです。

・プロペシアとそのジェネリック医薬品

AGAの場合、せっかく生えている髪の毛も1年以内で抜けてしまいます。これを放置していると、さらに短くなります。これを正常な2-6年に戻すのがプロペシアです。

新薬として登場した医薬品は開発したメーカーが特許を持ちます。一定年月が過ぎると特許が切れ、開発した製薬メーカーでも特許料などを支払わずに同じものを作ることができるようになります。こうやって作られたものが、ジェネリック医薬品です。プロペシアも2015年に特許が切れ、ジェネリック医薬品がいくつかのメーカーが製造・販売しています。

・ミノタブ(ミノキシジル)

ミノキシジルは、発毛剤・育毛剤の「リアップ」の有効成分として知っている人も多いでしょう。頭皮の血行をよくすることで、毛乳頭や毛母細胞の活動を盛んにします。

内服薬に使うために錠剤になったものを特にミノキシジルタブレットやミノタブと呼びます。ただし、日本の厚生労働省は内服薬の成分としても、AGA治療薬としても認めていません。そのため、個人輸入代行業者を通して手に入れることになります。海外で高血圧の内服薬として出回っているのを輸入するのです。

この入手方法自体は違法ではありません。しかし、厚生労働省の承認がないところから、トラブルがあっても自己責任として対処するしかありません。

・個人輸入の医薬品は要注意

プロペシアやそのジェネリック医薬品をAGA治療専門クリニックなどの医療機関で処方してもらわずに手に入れる場合も、個人輸入代行業者を通すことになります。

ただ、ミノタブであっても、プロペシアやそのジェネリック医薬品であってもかなりの警戒が必要です。というのは、なかには品質の低いものが混じっていたり、場合によってはニセ薬まで出回っていたりもするのです。もし、これらを使ってトラブルがあっても自己責任なので、文句をいっていく先はありません。

プロペシアやそのジェネリック医薬品をAGA治療専門クリニックで処方してもらった場合は、そのクリニックが責任を持ちます。また、ミノタブはAGA治療専門クリニックであっても、海外からの個人輸入になるのには違いはありません。しかし、専門医のチェックが入っています。品質の低いものやニセ薬が入り込む可能性は格段に低くなります。

料金

ABCクリニックのAGA治療の料金はきわめてシンプルです。これも安心できる材料でしょう。

・初回来院
診察+マイクロスコープ+治療薬(30日分)=18,500円
血液検査=5,000円
・再来院(1カ月ごと)
診察+マイクロスコープ+治療薬(30日分)=18,500円

治療薬(30日分)の内容は、フィナステリド(1mg)30錠・ミノキシジルタブレット(2.5mg)60錠・総合ビタミン(ビタミン・ミネラル・アミノ酸)30錠です。それぞれ毎日フィナステリドと総合ビタミンは1錠、ミノタブは2錠のみます。

また、ほかのクリニックではリアップなどの外用薬もよく併用されます。これは街の薬局などでも同じものが手に入ります。使うかどうかも含めて、担当医に相談するようにしましょう。

評判 口コミ

どこにしようか迷って、いくつかのクリニックのカウンセリングを受けました。でも、話が難しんですよね。治療方法もなんだか専門用語ばかりだったし。

自分としては、「手っ取り早く薬をください」というつもりだったので、内服薬治療しかないABCクリニックでちょうどよかったです。月に2万円近くかかるのは正直痛いです。しかし、よそと比べて特に高くもないようなので仕方ないです。

まだ、2カ月通ったばかりなので、それほど変化はありません。初期脱毛もまだないみたい。これでしばらく様子を見ます。
(R.U 21歳)

包茎手術ではよく名前を聞いていました。家の近くにあって、AGAもやっているのでカウンセリングに行きました。包茎手術のためでしょうけど、受付も看護師も全員男性でした。薄毛なので、女性がいてもそれほど気にはならなかったかもしれないけれど、これはプラスです。

カウンセリングはあっさりしていました。内服薬の治療だけなので、あれこれやる必要はないのでしょうね。

外用薬の毛生え薬も用意していないのは以外でした。でも、それは薬局に行って自分で買っても同じですよね。ただ、ちょっと面倒くさいかも。半年通って、額の当たりが濃くなってきたのがわかります。
(K.K 23歳)

しばらくミノタブを通販で買って使っていました。でも、やっぱり不安でした。ちょっと体調が悪いと、「ミノタブの副作用かなぁ」と思ったりして。すこし値段は高くなるものの、「安心料だ」と思って、通院することにしました。やっぱり、月に1回だけとはいえ、お医者さんと話ができるのはいいですね。

ただ、ミノタブもフィナステリドもあまり効いていない感じです。といっても使い始めてから、まだ5カ月ぐらいなので、こういったことも珍しくないのは分かっています。まだ続けるかどうか迷っていますが、これもお医者さんと相談して決めようと思います。
(W.K 28歳)

AGA治療

クリニック所在地

ABCクリニックは全国に15院展開していますが、AGA治療を行っているのは次の12院です。

・仙台院=宮城県仙台市青葉区中央2丁目11-28 りんくすビル3F 電話:0120-848-656

・大宮院=埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5-4 中西ビル6F 電話:0120-560-477

・船橋院=千葉県船橋市本町5-2-15 松寿ビル3F 電話:0120-532-132

・新宿院=東京都新宿区西新宿1丁目22-1 電話:0120-357-600

・神田院=東京都千代田区鍛冶町2丁目7番2号 神田駅前ビル6F 電話:0120-958-472

・立川院=東京都立川市錦町1-1-23 東京都酒造会館ビル1F 電話:0120-323-878

・横浜院=神奈川県横浜市西区南幸2-12-5 城勘ビル4F 電話:0120-958-473

・名古屋院=愛知県名古屋市中村区椿町14番12号 セントラルWEST名駅ビル8階 電話:0120-958-474

・梅田院=大阪府大阪市北区太融寺町8-17 プラザ梅田ビル10F 電話:0120-816-300

・なんば院=大阪府大阪市浪速区難波中1丁目3番1号 ウエストビル2F 電話:0120-958-475

・神戸院=兵庫県神戸市中央区加納町6丁目6-3 摩耶松本ビル8F 電話:0120-168-487

・天神院=福岡市中央区天神2丁目13-18 天神ホワイトビル5F 電話:0120-958-476